井槌産婦人科


病院案内
診療内容
医師紹介
トップページ

診療内容

婦人科検診

がん検診をご希望の方はお気軽にお越し下さい。特に予約の必要はありません。

子宮頚がん(子宮の入り口にできるがん)の発生因子の一つとして性感染症が注目されています。
最近の性関係の低年齢化にともない、若い人にも子宮頚がんが増えてきています。
自覚症状は特に初期にはないため手遅れになりやすい子宮頚がんも、がん検診で早めに発見して治療すれば、ふつうに妊娠や出産をすることができます。
若い人でも定期的に子宮がん検診をうけましょう。

診察内容
子宮がん検診
(子宮頚癌・子宮体癌)
内診・細胞診・超音波検査
子宮筋腫や子宮内膜症のチェックも同時に行います。
卵巣癌検診 超音波検査
場合により血液検査(腫瘍マーカー)
乳癌検診 ベッドでの触診
(マンモグラフィーは、近医を紹介したします)

※費用について‥‥
20歳以上の広島市民の方は2年に1回、子宮がん検診を1,000円で受けることができます。
広島市より送付される「癌検診の案内のハガキ」を必ずご持参ください。
(詳しくは、区役所、市役所へお問い合わせ下さい)

これら婦人科検診で、精査が必要な場合は責任をもって広島大学附属病院や広島市民病院、中電病院などの提携病院に紹介いたします。

子宮癌は癌検診の普及により、早期発見・早期治療でほぼ100%が助かると言われております。しかし乳癌は食生活の欧米化により近年増加傾向にあります。また卵巣癌については進行しないとなかなか自覚症状がでにくいため、超音波検査による検診を是非おすすめいたします。

※年一回の定期検診をご自分のお誕生日などにされてもよいかもしれませんね。

[ 妊婦健診 ] [ 不妊治療 ] [ 肥満治療 ] [ 体成分検査 ]  
[ 婦人科検診 ] [ ブライダルチェック ] [ 性感染症 ] [ 女性ホルモン ] [ 更年期障害 ]
[ ホルモン補充療法 ] [ 漢方療法 ] [ 骨粗鬆症 ] [ 避妊相談 ] [ 緊急避妊法 ]
[ 人工妊娠中絶 ] [ 禁煙・節煙指導 ] [ 水虫治療 ] [ レーザー療法 ] [ 生理日の調整 ]
[ 花粉症治療 ] [ インフルエンザワクチン治療 ]  [ このページのトップへ戻る ]