井槌産婦人科


病院案内
診療内容
医師紹介
トップページ

診療内容

女性ホルモン

体の中ではいろいろなホルモンが働いていますが、女性にとって一番大切なホルモンといえばやはり女性ホルモンをおいて他にはないでしょう。

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という二種類があり、主に卵巣からこれらのホルモンは分泌されます。
このうち女性にとっての女らしさや健康といった面で特に重要な働きをしているのはエストロゲンという卵胞ホルモンです。女性が思春期になって肌の感じもみずみずしくなり急に大人びてきて、周囲の男性が皆ハッとするのはこのエストロゲンの分泌が盛んになるからです。

エストロゲンの威力
簡単に言うとエストロゲンには次のような働きがあります。
・妊娠できるように準備する
・女性らしい肌や声をつくる
・女性らしい丸みを帯びた体をつくる
・骨からカルシウムが出ていくのを抑える
・血液中のコレステロールを下げて動脈硬化を予防する
年齢とともに変化するエストロゲンの量
エストロゲンは思春期から分泌が始まり、成熟期(19〜40歳)にピークとなり閉経をはさんだ前後10年位(更年期)で急激に減少します。そして卵巣の働きが停止する老年期では、慢性的なエストロゲンの不足により様々な病気が起こりやすくなります。

グラフ

[ 妊婦健診 ] [ 不妊治療 ] [ 肥満治療 ] [ 体成分検査 ]  
[ 婦人科検診 ] [ ブライダルチェック ] [ 性感染症 ] [ 女性ホルモン ] [ 更年期障害 ]
[ ホルモン補充療法 ] [ 漢方療法 ] [ 骨粗鬆症 ] [ 避妊相談 ] [ 緊急避妊法 ]
[ 人工妊娠中絶 ] [ 禁煙・節煙指導 ] [ 水虫治療 ] [ レーザー療法 ] [ 生理日の調整 ]
[ 花粉症治療 ] [ インフルエンザワクチン治療 ]  [ このページのトップへ戻る ]