井槌産婦人科


病院案内
診療内容
医師紹介
トップページ

診療内容

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法とは、少なくなった女性ホルモン(エストロゲン)を内服薬、貼り薬、塗り薬、注射などで補うことにより更年期症状を緩和する治療法です。

まず、治療前の女性ホルモン量を血液検査で測り、その方に最も適した治療法を症状をみながら選択していきます。

子宮のある方は、子宮体がん予防のため黄体ホルモン(プロゲステロン)というもうひとつの女性ホルモンを併用する必要があります。
最近では、エストロゲンと黄体ホルモン(プロゲステロン)の両方を含むタイプの内服薬や貼り薬もあります。

子宮筋腫などで子宮を手術(摘出)されている方は、黄体ホルモン(プロゲステロン)を併用する必要はありません。
早い方で2〜3ヶ月、遅くても半年以内には、更年期症状の改善がみられます。
ある程度、症状が落ち着いてきたら『プラセンタ療法』や『漢方療法』だけでも大丈夫です。


[ 妊婦健診 ] [ 不妊治療 ] [ 肥満治療 ] [ 体成分検査 ]  
[ 婦人科検診 ] [ ブライダルチェック ] [ 性感染症 ] [ 女性ホルモン ] [ 更年期障害 ]
[ ホルモン補充療法 ] [ 漢方療法 ] [ 骨粗鬆症 ] [ 避妊相談 ] [ 緊急避妊法 ]
[ 人工妊娠中絶 ] [ 禁煙・節煙指導 ] [ 水虫治療 ] [ レーザー療法 ] [ 生理日の調整 ]
[ 花粉症治療 ] [ インフルエンザワクチン治療 ]  [ このページのトップへ戻る ]