井槌産婦人科


病院案内
診療内容
医師紹介
トップページ

診療内容

避妊相談

避妊の方法に悩んでいる方はいませんか?
パートナー任せになっていませんか?

自分の体は自分でコントロールしましょう。
それぞれの方のライフスタイルに合った、もっとも効果的でしかも安全な避妊法とは?

当クリニックでは、低容量ピル子宮内リングによる二つの避妊法をおすすめします。
いずれの方法も自費となりますが、定期的な検査や検診には保険を適応します。

「低容量ピル」
1999年11月に日本で初めて認可されたピルで、避妊効果は従来のピルと同じですが副作用の原因となるホルモンの量をぎりぎりまで減らした内服薬です。避妊効果はもちろん月経周期が規則的になる・生理痛が軽くなる・生理前の諸症状(ニキビ゛、頭痛‥‥)の緩和・子宮内膜症の改善・子宮体癌や卵巣癌の予防など様々な副効用もあるのが特徴です。

女性が自分の能力を発揮して社会にどんどん進出していくこの時代ですから、月経不順や月経痛・月経過多などで男女均等に仕事ができなかったらそれは残念なことです。こうした働く女性にとっても低容量ピルは大きな手助けになります。

1ヶ月分で、3,150円(消費税込み)となります。
3〜4ヶ月に一度は副作用のチェックのための検査を行います。

「子宮内リング」
子宮内に小さな器具を入れることにより受精卵の着床を防いで避妊効果をあらわすもので一度挿入すれば4〜5年は定期検診(1年に1回)のみでよく、分娩を経験された方やピルの飲めない方におすすめします。
費用の目安としては、リング挿入は45,000円〜50,000円、リング抜去は7,300〜15,000円です。(リングの種類により異なります)
時期は、挿入・抜去ともに生理が終わった頃が良いので、生理が始まったらご希望の方はお電話ください。

[ 妊婦健診 ] [ 不妊治療 ] [ 肥満治療 ] [ 体成分検査 ]  
[ 婦人科検診 ] [ ブライダルチェック ] [ 性感染症 ] [ 女性ホルモン ] [ 更年期障害 ]
[ ホルモン補充療法 ] [ 漢方療法 ] [ 骨粗鬆症 ] [ 避妊相談 ] [ 緊急避妊法 ]
[ 人工妊娠中絶 ] [ 禁煙・節煙指導 ] [ 水虫治療 ] [ レーザー療法 ] [ 生理日の調整 ]
[ 花粉症治療 ] [ インフルエンザワクチン治療 ]  [ このページのトップへ戻る ]